👉アート引越センターがヤマトとの「協業」で得られる意外なメリットとは?

宅配便大手のヤマトホールディングス(HD)が、「アート引越センター」を運営するアートグループホールディングス(GHD)と引っ越し事業で協業の検討を始めたと発表した。協業はヤマトHD側から持ちかけられたというが、ネット上では《アート側のメリットは?》という疑問の声も上がっている。

「ヤマトHDによれば、『両社グループの経営資源やノウハウを相互に活用することで、それぞれの顧客にさらなる利便性を提供できる可能性が高い』と協業の検討を開始したそうで、運送業での協力や業務の効率化、新事業の共創などを目指していくといいます」(経済誌記者)

このニュースは、ヤマトホームコンビニエンスが18年に31億円にも及ぶ代金の過大請求が発覚したことで、該当する営業所で車両の使用が停止されるなどの行政処分を受けた。サービスを再開できたのが今年の9月で受注が遅れていることで、ヤマトホールディングス側には協業のメリットはあるのだろうが、アート引越センター側には、どんなメリットがあるのだろうか?というもの。

詳細については、こちらをご覧ください。

アート引越センターがヤマトとの「協業」で得られる意外なメリットとは? (2020年10月27日) - エキサイトニュース
10月21日、宅配便大手のヤマトホールディングス(HD)が、「アート引越センター」を運営するアートグループホールディングス(GHD)と引っ越し事業で協業の検討を始めたと発表した。協業はヤマトHD側から...
タイトルとURLをコピーしました